LINEが上場することになれば時価総額1兆円規模の大型IPOとなるため、IPOにしては当てやすい銘柄となります。
1兆円規模ともなれば当然公募数に関しても非常に多いものとなりますから、主幹事のみならず副幹事の証券会社を利用していても当てやすいIPOとなることは間違いありません。

しかし、ここで問題となるのが当てやすいからといって、LINEが利益の出る銘柄であるかどうかということです。
非常に注目度が高いことは間違いありませんが、それが投資対象として魅力的かどうかは別の話であり、LINEの公募での取得が必ずしも有利とは限らないことを注意する必要があります。
公募価格は一般的に他業種などと比較をしてディスカウント価格に設定をされるものですが、時価総額が1兆円規模ともなればそれに見合った比較対象も見当たりにくいだけにディスカウント価格といってもそれを鵜呑みにすることができません。
また、公募数が多いということはそれだけ公募の段階で欲しい人に株がいきわたってしまうということになりますから、あとは上場してからどれだけ多くの人が注目をして買いを入れてくるのかということが問題となってきます。
LINEは規模が大きい故に値上がり確実となるような銘柄ではなく、どちらかというとギャンブル性の高い銘柄となってしまいます。
一枚あたりの損益に関しては大きくぶれる可能性の無い銘柄でもありますが、公募価格で大量取得も不可能ではないので大量の割り当てがあった場合わずかな初値の上下によっても損益が大きく変わってくる可能性があるので、LINEそれなりにリスクのあるIPOとなるということを理解した上で上場時には申し込みをすると良いでしょう。