IPOは公開価格よりも初値の方が高くなりやすいものですから、当然人気を集めやすいものですが大きな金額の利益が見込めるものほど人気になりやすいものです。
誰しも確実に大きな金額の利益を手にすることができるとなれば、その銘柄を欲しいと思うわけですから、初値高騰が確実視されるIPOともなれば人気殺到でプラチナチケットとなるのも珍しいものではありません。

IPOの公開価格の金額の決まり方というのは、様々なものがありますが基本となるのが資金調達ですから、最低限必要な資金が集まるだけの金額に設定すればよいということになり、その金額が同じような業種やその企業の価値から判断しても割安ともなれば当然初値は高騰しやすくなります。
このような銘柄を公開価格で手に入れることができれば、ほぼノーリスクで大きな利益を手にすることができるわけですから、人気にならないという方が無理な話なのです。
また、IPOの申込に参加する場合にその銘柄を購入することが出来るだけの、資金の余力があればよいだけであり一時的に資金が拘束されるにしても、費用が発生するということはありませんから参加をするだけ損はないということになります。
そのため多くの人がお金がかからない宝くじ感覚でIPOの申込をすることになりますから、初値高騰間違いなしという銘柄の場合には人気が殺到して簡単には入手することができないものとなってしまうのです。
このように簡単に当たるものではありませんから、初値高騰が予想されるIPOというのは年間に何社も上場しますから、チャンス自体は非常に多いものとなっていて、人気がいくら高くとも地道に参加をし続ければそのチャンスをものにすることも不可能ではないのです。